無銘業物
wazamono.exblog.jp

君が為め 尽くす心は 水の泡 消えにし後は 澄みわたる空(土佐藩足軽 “人斬り”岡田以蔵)
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
西谷昇二トークライブ@大隈講堂
d0061297_1985757.jpgゼミ男ことSとしのサークル企画集団便利舎の主催するイベント「西谷昇二トークライブ『予備校講師はユメオヤジ』」に行ってきました。代ゼミの人気講師の一人で、俺も高三・浪人時代には世話になりました。大隈講堂を満員にしてしまうあたり、四年経っても変わらぬ彼のカリスマっぷりがうかがえますw

開演時間を少し回ったところで、正面の画面にテロップがドン!
「今回のテーマは“夢”」おっ、きたきた。ザワめく観衆。
が、「夢」の文字がクルクル回って変わっていく↓
「今回のテーマは“”」ん!?猫?ネコ!?
そして流れてくる音楽♪オ~レ~オレオレオレ~♪
Jリーグ!?確かに無類のサッカー好きで有名な西谷先生だが、オ~レ~はダサいだろw
別の意味でザワめく観衆。そしてついに出てきましたよ…
「猫ヒロシ!猫ヒロシ!」
猫ヒロシがwww 会場(゚Д゚)ポカーン
でもTVで見るより面白かった。なんだかんだで会場爆笑でした。

とまぁ変な前振りがあった後、いよいよ主賓の登場。例のごとくホストみたいなスーツだけどヘンに似合ってるから憎めないwそれにしても変わってなかったなぁ、49歳とは思えない。さらに冒頭の自己紹介で、「三年前に離婚した」と。マジかよΣ(゜Д゜)、愛妻家ぽかったのに。
そのあとは普通に、生い立ちや旅の話など。講義で聞いた話も多くて懐かしかった。授業自体は衛星放送で受けてたから生西谷ははじめてだったんだけど、全然違和感なくて、浪人時代の感覚が思い出されて。「あぁ俺あの頃の方ががむしゃらだったなぁ」とか軽くセンチメンタルになれたり。夢や若さってものについて考えさせられた。
でもってやっぱり昇二は熱い!締めはやっぱり歌ですよ!授業とってなかった人は(゚Д゚)ポカーンだったろうけど、西谷が学期末や一講座末の締めに歌ってくれるっつうのは代ゼミ生の中では常識なんですよ。
吉田拓郎の「おきざりにした悲しみは」に始まり、定番イエモンの「バラ色の日々」。そして最後はやっぱり「アンパンマンのマーチ」。ご丁寧にスタッフがクラッカーやらカラーボールやらアンパンやらを用意してて、みんなしてノリノリ。まるで講堂が教室になったみたいですげぇ懐かしかった。先生もカラーボールやアンパン投げまくりwwwクラッカー鳴らしまくりwww
ちなみにちょうどアンパンが飛んできたのでGETした↓www
d0061297_1830978.jpg
忘れてた感じを沸々と思い出してきた。と同時に、自分が内面ほとんど進歩無いんだなぁって気づいたりもした。やっぱり若い頃の方が感性が鋭いからなのか、認識が発達途上だからなのか、一つ一つの出来事が自己の精神形成に深く関わってる気がする。そんな時にこんな熱くてステキなオヤジに出会えたことはつくづく自分の財産だなぁと思った。
そして、これからの若い世代に(俺の出来なかったw)すばらしい青春とまともな感性ってやつを与えられるような仕事がやっぱりしたい。実際予備校講師になろうと思った時期もあったし(ここ最近再燃の兆しw)、学校作りたいってのもその一つなんだよな。

というわけでみなさん、俺が学校作るときには出資ヨロシク 笑。
[PR]
by yh0111ffjp | 2005-06-29 18:45 | エンターテイメント